カテゴリー ‘プラモデルテクニック情報’の記事

プラモデルテクニック情報 スミ入れについて しみだし技法

2014-12-15

前回のエナメル塗料を利用したスミ入れ方法に続き、ガンダムマーカーを利用した
染み出し技法のご案内になります。
 
染み出し技法はガンダムマーカーの上にラッカー系塗料を塗った場合に、
ラッカー系塗料に下のガンダムマーカーの一部が染み出してくる現象をスジ彫りや
リベットの強調表現に用いる技法となります。

この技法のコツは塗料が液体となっている状態を管理することになります。
染み出すという現象は塗料が液体の間だけ起こります(ペーパークロマトグラフを思い出してください)ので、
缶スプレーやエアブラシで厚塗りするように液体の時間を長くとると染み出しが予想以上に広がってしまい、こうなるとリカバーできません。
狙ったスジ彫りやリベットに思い通りの効果を出せるようになるまである程度の慣れは必要ですが、
繊細なモールドやリベット表現が際立つのと、薄い塗膜によるシャープな作品表現が実現できます。

塗膜が薄くなるためある程度の表面処理は必要となります。パーツ表面のヒケや傷はサフェーサーに頼らず自分で処理します。
スジ彫りが浅かったり消えかかっている部分は掘りなおしを行います。
リベットについても凹リベットならば開き具合をそろえます。

表面処理が終わった時点でガンダムマーカーを塗っていきます。
スジ彫り以外のところはあとで削りますので思いっきり広く塗ってください。
マーカーはスミ入れ用ペンタイプでも通常のマーカーでもどちらでもかまいません。

<マーカーを塗った状態>
DSC08475

使用する色についてはまだまだ研究の余地はありますが、最初はガンダムグレーなどグレー系を選んでおけばいいでしょう。
黒の場合はっきりとした色になってしまい表現がすこし不自然になります。

次ににガンダムマーカーを落としていきます。#800~1000の耐水ペーパーで水研ぎしていきます。
ここでモールド以外に塗られたガンダムマーカーが落ちてモールドが際立ちます。
また細かな耐水ペーパーでならした下地はそのまま塗料の足つきになります。
ペーパーがけが終わった下地はアルコール系ウエットティッシュで表面の油分や削りかす等をふき取ります。
この状態から手脂などをつけないように気をつければ塗装の剥離などはまずおこりません。

<ペーパーで水研ぎした状態>
DSC08476

まずは機体色の塗装から、Mr.カラーやガイアカラーなどラッカー系塗料で塗装を行います。
エアブラシに入れる塗料の薄さは通常の仕上げよりも薄めにします。薄めた塗料を少しずつ置いていく感じで塗っていきます。
はじめに説明したようにここでは塗料が液体でいる時間に注意してください。
初回の塗装はマーカーと塗料をなじませるように少量とします。
なじませたあとは徐々に増やしていってもいいですが、くれぐれも厚塗りには注意してください。
この時点でスジ彫りマーカーが見えなくなることもありますが、気にしないでの塗装を進めていきます。
見えなくなったスジ彫りも最終工程のクリア塗装で復活するからです。

<初回塗装時の状態(今回の見本はかなり染み出しています。)>
DSC08477

<初回塗装時に厚塗りしてしまった状態(モールドからはみ出して染み出ています。)>
DSC08479

基本塗装が終わった段階でデカールを貼ります。所定のデカールを貼り、十分に密着・乾燥させたところで
クリアを吹きます。クリア塗料はクレオス・ガイアどちらでも大丈夫なことはわかっています。
ここでもクリア塗料は薄めになるように溶剤を加えます。感覚的には「これで大丈夫?」というくらい薄い濃度で吹いていきます。
とはいってもいきなりたくさんのクリアを乗せるとデカールの溶解が始まりますので最初は
すな吹きと呼ばれる少量の吹きつけとなります。
この工程は基本塗装の初回と同じ感覚です。
デカールとクリア層がなじんだら薄めたクリア塗料を置いていきます。
クリア塗料で一気に染み出しが始まりますので行き過ぎないようにコントロールしていきます。
溶剤で薄めるのは染み出しを進める意味と塗料がたれやすくなるため、たれないように厚塗りをしなくなる意味もあります。
このままクリアを乾燥させてスミ入れがたりない部分、強調したい部分を別途エナメルでスミ入れして完成です。

<クリアー塗装を行った状態>
DSC08478

この技法のいいところとして、
・染み出したスミ入れが適度にベースの塗料とブレンドされて面白いに色なる。
・細かなモールドが埋まらないで表現できる。
・スジ彫りを整えたところがわかるので時間が開いても続きができる。
・スジ彫りの終わりがわかるので、塗装に行くタイミングがわかる。
・下地処理の段階でスジ彫りのミスがわかるので、完成間近にがっくりすることが少ない。
 といったところでしょうか。

慣れが必要な技法になりますが、一つの技法として覚えておいていただければ幸いです。
わからないことなどございましたら店頭にてお問い合わせください。

プラモデルテクニック情報 スミ入れについて・タミヤ・スミ入れ塗料利用法

2014-11-03

先日のガンダムマーカー利用法につづき、タミヤから発売されています、スミ入れ塗料を利用する方法のご案内です。

タミヤ・スミ入れ塗料はスミ入れに適した色と濃度に調合されたエナメル塗料になります。

まず、エナメル塗料についてですがラッカー系などに比べ、塗膜が弱い性質の為、
上に重ねても、下地塗装に浸食が少ないため、スミ入れやウェザリングに使用されることがあります。
ただ、浸透性が高い油分の為、プラスチックを侵食する点に注意が必要です。
そのため、スミ入れに利用する際には塗装したもの上に行うことをお勧めいたします。

この塗料が発売されるまではエナメル系塗料を薄め、利用していましたが、
程よく薄められ、セメントのようにキャップに筆までついているため、手軽に利用できるようになりました。

凹モールドに毛細管現象を利用して、塗料を流し込むのですが、凹モールドが浅かったり、
塗装の塗膜で消えかかったりしている際には塗料の流れが悪くなりますので、
モールドの掘り直しが必要になる場合があります。

スミ入れ塗料は沈殿しやすいので、使用時にはよく撹拌し手から使用します。
スミ入れ塗料を筆に浸み込ませ、溝の上に置くと、溝を伝ってサッと流れていきます。
長いモールドなど、数か所に分け、同じように行っていくことで全体にいきわたります。

はみ出した部分などはエナメル溶剤やペトロールを浸み込ませた綿棒などで拭き取ります。
艶消し塗装や塗膜が荒れていたりすると、はみ出た部分をきれいに落としにくくなるので、
注意が必要です。

タミヤ・スミ入れカラーはブラック、グレー、ブラウン、ダークブラウンの4色が発売にされています。
使用する色など、エナメル塗料の為、組み合わせることも可能です。
スミ入れだけでなく、ウェザリング(汚し塗装)にも利用できます。

スミ入れ塗料

クレオスからもMr.ウェザリングカラーとして同じようなものが発売されました。
名称はウェザリングカラーですが、ウェザリング用途だけでなくスミ入れにも利用できます。
マルチブラック、グランドブラウン、ステインブラウン、サンディウォッシュの4色です。

weza
 

プラモデルテクニック情報 スミ入れについて・ガンダムマーカー利用法

2014-10-22

よくお問い合わせいただく、スミ入れ処理について手軽なガンダムマーカーを利用した方法を簡単にご紹介いたします。

スミ入れは模型に施されたモールドに、そのベースとなる部分の色より濃い色を入れることで、
より立体感などを強調する演出技法になります。

現在はガンダムマーカーのスミ入れペンシリーズをご利用いただくのが、一番手軽な方法です。
スミ入れペンには極細油性タイプ、筆ペン水性ふき取りタイプ、流し込みタイプと3種種類があります。

極細油性と流し込みタイプにはブラック、グレー、ブラウン、筆ペンにはブラックとグレーが
発売されています。

どの色にどの色のスミ入れをしたらよいかですが、元の色より若干濃いような色を選択するのが、一般的です。
何でもブラックで入れようとされる方もいらっしゃいますが、白地にブラックでスミ入れすると
スミ入れが目立ちすぎてしまうのでグレーで入れるのが良いかと思われます。
青地や緑地の場合も同様で薄い場合はグレー、濃い場合はブラックが一般的です。
赤地の場合はブラウン、黄地色の場合はグレーかブラウンを好みで選んでいただくの良いかと思います。
ブラックや濃いグレーの場合、ブラックを入れても見えない場合がありますので、
通常とは反対にグレーを入れることで同じような効果が出せます。

ガンダムマーカースミ入れ

極細油性タイプの場合、普通の油性サインペンと同じような性質ですので、溝にそって
入れるだけです。
はみ出した場合、未塗装ならプラスチック消しゴムでこすってやるときれいに取れますが、
塗装の上に行った際は、跡が残ってしまいますので注意が必要です。

ガンダムマーカースミ入れ

筆ペン水性ふき取りタイプの場合、油性ペンと同じように溝にそって入れた後、乾燥前に
綿棒などではみ出した後をふき取ります。
塗装面を侵食しにくいため、塗装上に行うことも容易です。
落ちにくい場合はリアルタッチマーカーのぼかしペンで落とすことも可能です。
またぼかしペンを綿棒にしみこませて利用することも方法の1つです。
ぼかしペンを利用した場合、塗装面に跡が残る場合がありますので、注意が必要です。

GM流し込み

流し込みタイプは凹モールドに毛細管現象で流し込むタイプで、若干のコツが必要です。
ペン先をノックすることでインクが出る仕組みですので、皿などの上で一度ペン先をノックし
インクが染み出た状態でモールドにペン先を充てることで、インクが溝にそって流れていきます。
インクは極細油性ペンと同じタイプになり、エナメル系塗料では無いようです。
はみ出た部分は未塗装の場合、すぐにふき取ることや消しゴムでこすることで落とせます。
他のペン同様、塗装面に跡が残る場合がありますので、注意が必要です。
流し込みタイプですが、11月にセットが発売され、ブルー1、オレンジ1、オリーブの
3色がセットのみに追加されます。
ブルー1は青地に、オレンジ1は黄色地に、オリーブは緑地に適しています。

ガンダムマーカーリアルタッチ

またガンダムマーカーには上記3種以外に先ほど紹介したぼかしペンがあるリアルタッチマーカーが発売されています。
もともと汚れやぼかし塗装をするためのペンですが、色が各色に合わせて発売されていますので、
スミ入れする下地の色に合わせ選べる色の幅が広がります。
中のインクは水性ふき取りタイプですので、筆ペンタイプとペン先は異なりますが、同じように利用可能です。
未塗装の場合、モールドにそって線を引き、はみ出た部分をぼかしペンで落とすことが可能です。

簡単にご紹介しましたので、わからないところなど店頭にてお気軽にお問い合わせください。

プラモデルテクニック情報をご案内いたします。

2014-10-18

プラモデルなど、模型作りで、お客様からお問い合わせいただいた質問内容について、
ご案内した作業法など、ご紹介いたします。
わからないことなどプロモデラーなどいろいろな方にお聞きしてご案内しております。
製作のお手伝いになれば幸いです。

<デカールの接着について>
本日お問い合わせいただいた内容で、デカールが乾いた後、すぐに剥がれるというお問い合わせがありました。
デカールの生産から時間がたっているものなどでのりが劣化していることもありますが、
ほとんどの場合、水につけすぎたりして、のりが流れてしまうことが見受けられます。

デカールの大きさや質、台紙の厚さにもよりますがい小さいもので3、4,5秒、
やや大きめのものでも10秒くらい水に浸したら取り出します。

ピンセットなどでつまみ、水に付け、取り出す際、水けを払い、デカールが台紙からスライドできるま10秒程度から1,2分程度時間をおきます。
その際、無理にスライドさせようとして、デカールを痛める場合もありますので、注意が必要です。

デカールを貼る際、クレオスのマークセッターなど利用することで、デカールの接着を強化することもできます。
また、デカールが水の中で台紙と分離してしまった際など、のりが流れてしまった場合にも、
マークセッターなどを利用することで、デカールを接着することが可能です。
マークセッターの場合、貼り付ける位置に薄く塗っておくのが一般的ですが、
小さなデカールの場合、直接デカールの裏面に塗るのもよいかと思います。
つけすぎると、乾燥した際、白化する場合があります。

デカール配置が決まったら、綿棒や筆などで水分を取り良く密着させることが必要です。

また、今回のお問い合わせのように一度はったものが剥がれてくる場合は、
水気を帯びた筆で軽くはがれたデカールを湿らせ、きれいにはがすことができれば、
デカールフィットなどで接着することが可能です。

デカールが薄いものや劣化して破れやすくなっているものの場合、水に付ける前に
マイクロスケール社のリキッドデカールフィルムを塗っておくとデカール表面がクリアーの膜で覆われ破れにくくなります。
この商品は供給が不安定の為、欠品の時間が長いことがありますのでご了承ください。

拙い文章の為、わかりにくいところなどありましたら、店頭にてお気軽にお問い合わせください。

模型製作でご質問などございましたら、毎月開催しております つくろーぜ会! へのご参加をお勧めいたします。

つくろーぜ会! 次回は11月9日(日)開催予定です。

お問い合わせはこちらから